読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

首を寝違えたから今日はなんにもできなーい。はい、かいさーん。

 

ねぇなっちゃん

ポン酢のポンとポンカンのポンとポンジュースのポンは、全部違うポンだって知ってた?

 

ねぇ、知ってた・・・?

いま気付いたのだけど、コンディショナー使った日の夜、匂いが気になりすぎて小説が書けない。

 

シマちゃんまで「うわ、なにこの匂いくさーい。」みたいな感じでわざわざ頭確かめにくるわ・・・。

 

ギブミー無・香・料

 

あ、いっくんとてっちゃん見たよ~。イケメーン・・・(・w・

 

ぬあーーーーーーー!!!

髪が!!くさい!!

GIVE ME 無香料ーーーーーー!!!!

 

昨日、姪の誕生日が近いというわけで、私も有無を言わせず連行されて明石まで参りました。車中暇なので、久方振りにずっと音楽を聞いていましたら、意気高揚し過ぎて魂を吐き出しそう、てこの表現で何が伝わるんだろうか。始めはしんみり聞いていたのだけど、mp3に入っている物を機械任せに聴いていたので、何がかかるかはこちらにもわからず、vampsでソワッとしたのも束の間、ラルクで振り切れてしまいました。BUTTERFLYっていうアルバムの、xxxっていうのが前前からずっと好きなのだけど、久しぶりにイヤホンで聴くとこれまあ。アカーン!!てなりました。改めてhydeさんの声が好きなんだなあ、と実感したのと、このアルバムにあるGOOD LUCK MY WAYという曲が凄く明るいので、昔は信じるほど心が離れていくとか歌ってたバンドが、20年も経って君に会えて嬉しいとか歌うのすごいな、と感銘を受けすぎて、もう、もう、音楽って凄いな!?(語彙力)要約すると、たまらん、て思いながら海を見ていた(きれいな感じでしめた)。興味があったら聴いてみてください。xxxすごくエッチな歌だよ。

猫じゃらしでしまちゃんと遊びながらこれを書いています。ようするにとても書きにくい。  

 

最近さっぱり思うように詠めないので、まあ2年も歌を作ってないのだから当然か、と反省しております。離れれば下手になるなんて当たり前の話。

 

さいとうふみさん、という歌人がいらっしゃって、さっぱり存じ上げなかったのだけど、この人の歌集の、辞書のような本を歌会の人が何故かくださったので、(随分と前の話)本当に久しぶりに開きました。父君が軍人で、友達にも軍人が多く、しかしニ、二六事件に連座の罪で父君は刑務所、お友達は処刑、などなかなかの人生でいらっしゃる人なのだけど、その人の歌に、

こころつくして 歌をにくめよ その傷の 痛みすなわち

花となるまで

というのがあって、漢字は意図的に変えて今書いたのだけど、興味があったら表記はそのままのを読んだ方がつたわるのだけど、これを初めて読んだ時から、歌を憎むとはなんぞやな、と考えているのだけどいまだにわからず、ただ漠然と凄まじさだけが衰えずに迫るので忘れられません。痛みって花になるのかな。歌にすればまあなるのかもしれない。歌とか音楽とか、表現することに昇華したら、なるのかな。

とりあえず、ねえ、歌が下手になりすぎていて詠めない。ゆゆしい。

なっちゃんとの電話を終えたあと、尋常じゃないほど眠たくなり、なにもしていない、ていうか喋ってただけ、と思いつつ、あまりに目がしょぼつくので原稿を進めることを諦め、本を読んだりご飯を作ったり食べたりお風呂に入ったりして今なんだけど、相変わらず尋常ではない眠気に、これ何だっけ、と考えたところ、思い出しました。そっち系の友達と話したりすると前は良くなっていたから、この症状本当に久しぶり。前の夜に寝付けなかったからじゃね、とかなっちゃん言いそう。人間じゃない何かと関わるとすごく疲れてこうなるんだよ。だからなんだかおかしなことをたくさん言っているように聞こえたと思うし、今も既に書いてることが怪しげですが、私がなっちゃんの周りと接触してるのはわたしの気のせいとかじゃないからね~。って、これどこまで真面目に伝わる感覚なの?

気持ち悪い?引く?