読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッターアカウント抹消してもツイッターは見られるよ~と思っていたけれど、多分30日は見られないなこれ・・・まだ私のアカウントがツイッター側に存在している間はタブレットでは見られない。でもパソコンからは見られるけどね!

お電話ではありがとうでごじゃったよ。あの後、そうか別アカウントで見る専用のを作れば問題なく情報は摂取できるのか、ともう一度考えたり、何ゆえネット上で繋がっている、という事実を得たくないのか、と自分なりに思うところはありましたが、まるで外野、というのが大事なのかもしれん、と考えたり、とにかく、もう一度アカウント取ることが合ったら絶対誰にも漏れないようにやるから今回のは事故、そう事故なの、と言いきかせたりしました。何が便利って美術館の案内が便利なんやで・・・。私がいまとても好きな思想家?批評家?なのかよくわからん作家さんはツイッターが元で知ったので、百害あるけど一利もある、という気はしています。人なんて深く探ればあわないところは出てきてしかるべきだし、友人とは絶対に繋げんからな次があるなら・・・あるなら・・・。目に見える形で誰かと繋がっている安心感を得たい、って当然で易い形なのだけど、繋がってさえいれば関係を維持できるわけじゃないんだから、そこは努力することを忘れそうで、忘れっぽく過信しがちな私にはこれ以上ないほど向いてないツールだと実感しました。関係の良好さを保つには努力しないとダメなんだって忘れずにいたい。努力せずに自分が発信するだけで相手が見ていてくれる、と思ったら私は慢心する性分だ絶対に。ていうかそもそもツイッターはそういう目的の道具じゃないけどな・・・発信の質が違う質が・・・。

 

ついでにピクシブも綺麗にするか、と思ったのだけど、これ消したらまたメール来るんかいな、と思うと面倒で保留です。あ~どうしようかな~。さすがにそろそろ消してもいいと思うんだけどな~。投稿し無くなって久しいし。つい最近読んだばかりの人にはそりゃあすまんかったってなるけど。誰にも悟られずに消えたい、って贅沢な悩みだなあおい。マギで仲良くしている人と次に会ったら消したいお知らせした上で・・・。いつになるんや・・。どういうことかしらこれ、ネット上から私の居場所を消したい、みたいな逃避願望なんやろうかこれ・・・。

 

ちなみに私のたった二名のフォローの内、町田さん以外は土井せんせいで、料理の、関西弁の人なんだけどなっちゃんに通じるだろうか。最近一汁一菜のすすめ的な本を出されて、そのおかげかとにかく具だくさん味噌汁をたくさん雑誌にのせられていたのだけど、ちらっと見ただけでその中に、これ明らかにトースト千切ったのぶちこんだやろ、みたいなのがあって、どういうことなんや、ってわが目を疑ったんだけど、土井せんせい曰く食べたい物を入れてしまえばご飯とみそ汁と漬物でちゃんと一食になるから問題ない、らしいよ。アグレッシブ。この中にあるんだけどどう思う。やっぱりトーストかしら・・・どういうことなんや・・・。

https://pbs.twimg.com/media/C2qcYUYXcAAkmMU.jpg

 

あとは真木あかりさんていう人の、この人のリツイートは平和でのどかだから見ていて落ち着いていられる。TシャツにNoMusicNoLifeって書いてある人がイヤホン外したからあいつは間もなく死ぬ、とかその程度だし死なないから大丈夫・・・。

 

はー。すっきりした。ありがとう。

  1. 言の葉を汚せし人の悲しさを繰り返し思ふ繰り返し思ふ

  2.  
    望むなら 虹の掛橋 星の雨 君の言葉を叶えたかった
  3.  

    外国(とつくに)の言葉美(かな)しきあの人の 願ひ照らせし昼間の星よ

  4.  

    縋るがに 夢でのばせし指先の 震へをまして君は知らずや

  5.  

    たはむれに 君がのばせし指先を つかめ得ぬまま 目覚めし朝は

  6.  
    誰ひとり愛せるはずもないくせに どうして一人で生きられないの
  7.  

    なにひとつ生きた証も持たないで どうして恋などしてしまったの

  8.  

    やはらかく眼差し深きあの人に 今宵夢にて会はむとぞ思ふ

  9.  

    くちびるに形作りし君の名を 繰り返すごと 音消えゆかむ

  10.  

    約束のまじなひせむと結びあふ小指も細き幼き吾ら

  11.  

    待っていてほしい 知らず知らずにこいねがう 心のうちを 見透かした人

  12.  
    ひと夜ひと夜 まばたくやうに失ひし 美しきものを思ひだしをり
  13.  

    月もなし星なし夜の静けさに 君の名ばかり繰り返しをり

  14.  

    玉章に「続けなければ」と書きたまふ 君の言の葉 忘らえなくに

今日も安定の寒さ。何故なら冬だから。指が上手く動かないのも、そう、冬だから。

ふざけているような具合ですが、わたくし今、いたく傷ついております。

 

今日は言葉の成り立ちについて考えてみました。そう、文字オタクだから。聖書の初めには、まず言葉ありき、と書かれているはずなのだけど、じゃあ一番初めの言葉とは何ぞやな、と考えてみるのですが、矢印とかではないかな、と思っています。それ、文字やなくて記号や、というご意見はまぁ、収められよ。友好関係は笑顔で伝わるはずだし、まぁ、要するに感情は、顔の表情で伝えられるのだから、あとは、言葉があった方が楽だぞ、ってことで、何らかの言葉が生み出されていくのだろうと思うわけです。では、いついかなる時に必要か。ちょっと待て、とか、必要ですね。こっちを向いてほしい、とか、あれをしてほしい、とか、犬や猫に照らし合わせると、ごはんちょうだい、それはいや、こっちに来て、などが代表格です。要求、拒絶、がこれらに含まれますね。大好きだよー、みたいな感情は、わざわざ音を発して伝えませんね。犬だったら尻尾を千切れんばかりにふる、とか。体で表現できるし、そもそも言語化させる必要がなかったのだと思うのです。じゃあ、感情表現の中で、先に発達したのは、おそらく怒りや制止、要求の言葉でしょうね。歓喜、これはあとかも知れません。体で表現できるから。怒りも、唸れば済むので、あとかも知れません。そう考えると、一番先に発達したのは、おそらく要求でしょう。要求の後に発達したのは何か。感謝、だったらいいですね。感謝まで行かなくとも、満足である、程度が伝われば、戦いにはならないわけです。じゃあ一番後に発達したのは何でしょうかね。言葉での攻撃、これではないかと思います。明確に、言葉で、相手を傷つける、という方法ですね。否定、はもっと先にできた言葉ではないかと思うので、これが発達して、意思決定の否定、ではなく、それを発する相手の、考えその物、ひいては、相手そのものを否定、と発達したのかもしれません。人間は、両手が使えたからここまで発展した、というのは、まぁ世界史で習うところの最初なわけですが、言葉も大きな役割を果たしたのは間違いないでしょう。それとともに、大きな混乱を招いたのも、きっと言葉だと思います。嘘と真がありますからね。真実の言葉なのかどうか、判断できないわけです。

自分の中にある考えを整理する、という点でも、言葉は重要な役割を果たしています。弁証法は便利なものです。言葉がこの世にある、と知らずに生活していた人が、この世にはすべての物に名前があり、言葉を使って人々は意思疎通をはかる、と知った時の驚きは、絶望に近いそうです。個人差はあるのでしょうが、これは多く、耳が聞こえない、目が見えない、という二つを身体特徴として有している人に多いそうです。こう考えれば、何より大事な言葉は、固有名詞、かもしれません。感情は、伝えられるのだ、と知った人の感動も大きいでしょう。これは伝達の為の道具なのだから。

 

まず言葉ありき。如実にこれを表すものがあります。言われなくなった、使われなくなった言葉は、消滅します。それを指す言葉が消滅した、ということは、それを指し示すその物がこの世からなくなった、ということです。死語。言葉も死ぬのですね。竪穴式住居。無くなりましたね。でも復元されて残っています。歴史の一つとして、この言葉が消えることはないでしょう。しかし日常的には使わない。ナウなヤングがボディコンを着ている情景は見なくなりました。言葉は、死ぬのですね。

 

話は変わりますが、わたくし今朝、リツイート機能、というものを、非表示にできないものかと奮闘しました。タブレットでやろうとすると、どうもその設定が出てこなかったのです。困りました。私は、リツイート、と言われるものを見たくなかったのです。しかし目にすると、ああ、私はこの記事で間違いなくメッタメタのぎったぎたにされるのだわ、と思いながらも斜め読み程度には目に入れてしまうのです。時には、わかっていながら、そのページにわざわざ飛んで昨日飾ったばかりの花が枯れてしまった時のような気持ちのままにそのページを流し見たりして、案の定傷つきます。マゾのようですね。しかし、その行動を自戒できないのです。良く見かける言葉です。嫌なら読まなければいい。もちろんです。わざわざ読みに来たお前が悪いのだ。もちろんです。なにも自分から、相手の方の承認欲求を満たしてあげる必要はないのです。顔も見ない、名前も知らない、生きているのかどうかも分からない、そんな相手にめっためたのぎったぎったにされに行く方がどうかしています。でも、見に行ってしまうのです。あほう。

大丈夫。今は無事に、非表示にできました。泣くほど安心いたしました。

 

まずはじめに言葉があった時。要求、拒絶。これらが先に発達したのではないか。そう先に申しあげましたね。では、攻撃。これは、後のことだと思いたいのです。便利だから使うのです。これを使うと便利だから。ときに相手との間に争いを起こさずに済み、両方の折り合いをつけられる。これは便利です。戦いは失うものが多いのですから。では、攻撃は、何の為に行うのでしょうか。傷つけること即ち攻撃、ととるのは短絡的な場合もあるでしょう。しかし、何かを否定し傷つけることで、自分の中で溜飲を下げることができるなら、これは攻撃でしょう。怒りをどうにか収めたいので、言葉という見える形にしてスッキリしたい。これはわたくしにも覚えがあります。誰も見られない鍵付の日記に、罵詈雑言どんなにしたためたとしても、誰も見ないのであれば、そう思うこともまま、あります。見苦しいことに変わりはありませんけれど。怒りとは、何とも短絡的な物です。それ自体に酔うことがある。怒りという興奮材料に酔わされて、何か自分が、とんでもなく崇高なことを、これ以上ないほど正しいことを心に思い描いている気になる。自分は正しいことを言っている、と怒りがわくのであれば、それは酔いの内なのでしょう。

 

言葉はね、自分に帰りますよ。誰かを馬鹿にすれば、言葉そのものではなくとも、形を変えて自分に帰ります。自分で発したものが、どうして自分に帰らない道理がありますか。自分は正しいのだ、だから相手が悪いのだ、だなんて、悲しいことに言葉を使うのは、何故でしょうね。こういう理由でこれが悪いのだ、だから私は怒っている。お前は反省してしかるべきであり、傷つけられた私は被害者である。思ってしまいますね。怒りの本質は怒りにないのではないでしょうか。傷つけられ、大事に扱われなかったことが悲しかったのなら、それを怒りで伝えては、伝わるものも伝わらないのではないかと思います。究極はガンジーですけどね。怒りは暴力ですから。

 

攻撃は、最後に発達したのではないかな、と考えました。便利だから、ではなく、使いこなせたから。この人がこう発言しているということは、こう考えているということだ。それを明確に言葉にしてこの世に表してしまったのは、他の誰でもない、こう考えているのだ、と導き出した方でしょうね。自分の中にそのような考えがある、と露見させていることに、信念があるなら良いのだけれど、否定している信念ならば、この世に出さない方がよろしいかと思います。形にされた物を読んだことで、読んだ方の心にそれが生み出されてしまいます。無かったものも出現してしまうのです。意図的にそうとしてされていることならば、それは腹黒いと言わざるをえませんが。言葉の方でも、そのようなことに使われたくはないでしょう。離れていきます。生活から、心から離れていく。言葉も死にますからね。死んだ後では、新しく生まれ変わらせるのは容易ではないことのように思えます。ちょっとその辺にあるものを掴んで、ちょっと使って、乱暴に投げて返す。そんなような物かな、と思います。言葉の使い方が、悲しいですね。なにかの否定、攻撃、そんなことの為に使われてしまった言葉は、悲しいですね。それが自分に帰る。そう考えると、もう、哀れで居ても立っても居られない様な、だって言葉だって、何かを傷つける為だけに生まれてそこに帰るのでは、やるせないじゃないの。今は溜飲を下げたつもりでも、いつかきっと傷つく。そんなの、悲しいじゃないの。

 

見たくないな、と思ったのです。何かを否定して、攻撃して、すっきりして、自分が否定している物を肯定している人を、いっそ哀れむ姿は、本当に哀れ。いつかあなたに帰るのに。本当に、いつか、傷つくこの人は、本当に、なんて可哀想。そう思ったらね、どうにも悲しくて、傷ついて、馬鹿だなあ私は、と思った次第です。

 

 

は、そうだ、応募要項の確認ぐらいしておかなくては、と検索に入れる時に、

電撃たいしょう、とうつと、電撃大将、と変換してしまう私のパソコンが好きです。

どんな、大将なの、と笑いを禁じ得ない。

昨年末の、すごく調子に乗った文章を消したいのだけど、消さないのが私への戒めでろうと、あぁぁああああ消したいぃいいいいいいいいい

 

お昼ご飯のおじやを食べすぎてしんどい。脈絡のないことばかり続きます。今日ね、すごく寒い。驚くほど寒い。部屋の中なのに息が白い。なぜなのかというと、香川県は温暖な気候とされていて、家を建てる時に断熱材を使わないのが主流だったため、冬の家の中は驚きの寒さで、お風呂に入った時、外との気温差に心臓をやられて亡くなる人の確立が全国一位なんだよ。馬鹿だ。きっとみんな馬鹿だ。冬の寒さに耐えて何の得があるんだ。これぐらい耐えて当然、て誰に向かって言ってんだ。何なの。香川の昔の人おかしいんじゃないの。おうち建て直したい。富を吾が手に。

 

そんなこんなですごい寒気なんだよ。関東にはこの寒気、下りて行ってないみたい。なっちゃんが寒くないならいいかあ。本当にね、驚きの寒さ。台所に立つだけで鼻水。風邪治りきらず。寒い。肺も痛い。ちょっと寒すぎて驚いて、これは、暖房をつけないと死ぬ・・・?ってなって暖房つけた(・w・こたつ天国。

 

ところでなっちゃん、そろそろスーパーサイヤ人にはなれましたか?私はなっちゃんと電話した夜にまた調子を崩して眠り続けようとしてしまちゃんに阻まれ、それでもどうにか眠り続けようと頑張って夜が明けました。もうそろそろ、私もスーパーなサイヤ人に。でもほら、寝ても生まれ変われる、って思っていると、体調崩しても、どことなく安心しないかい。この頃体調を崩すと、なにこれ本当にどういうこと死ぬのか?みたいに頭が痛かったり気持ちが悪かったりして、軽く死ぬ、っていうのは本当だな、っと思い知りました。ねェなっちゃん、なら、寝て生まれ変われるなら、死ぬのは悪いことではないから、次に体調が悪くなっても、安心していいと思うんだ。うーわ最悪これはきついないわーって思っても、でもこれを乗り越えて寝て起きたら、生まれ変われるんだそれも記憶を持ったまま、と考えたら、その体調不良も必要な物だろうと思えるし、何より、体調不良も悪い物ではないよ。だって新しくなれるんだもの。だから、次に体調不良になったら、生まれ変わってやるわー!!て思いながら寝てね。これであなたもスーパーなサイヤ人に。金髪は嫌やなあ。

 

それにしても、暖房をつけているのに寒いよ。何なの冬、頑張らなくてもいいよ。冬ってがんばってもよろこばれないのか。辛いな。あ、でもスキー場の人とか喜ぶかな。こんなに、春と夏と秋と冬をちゃんと繰り返せるなんて、一度も狂わないなんてすごいな。ちょっととりとめがなさ過ぎるけれど、そんな具合に、元気です。

 

 

 

 

 

 

あぁああ美しくない、美しくない言葉を感情に任せて使ってしまった。あぁぁあああああ。怒りなんて本当に身勝手で傲慢で自分だけの正しさをひけらかすような感情に酔ってしまった。あぁああ嫌だ嫌だ嫌だ。

あぁぁあああああメリークリスマス。

 

 

 

 

苛々する。

今日は掃除機をかける前にしまちゃんのおトイレを掃除したりしたので、いつもと順番が逆になり(いつもはしまちゃんのおトイレが一番最後)結果的に今日はやらなーい、という場所もあり、掃除としては手抜き感が目立ちました。寒いと何もしたくないのよ!無職なんだから掃除くらいしろよ!というせめぎ合いが心中で起こっているのだよ。

それはそれ、これはこれです。

ようやくユーリの検証とか考察情報をネットで見なくなったので、こうして私のネット依存的何もしない日々は終わりを迎えられる、と(最終的に開き直って終わるまで書かない進まなくても焦らない、と自分で決めた)思い、楽しい思い出ありがとう、みんな(知らない人)が爆発したり床に這いつくばったり号泣したりしている様は外から見ていると幸せそうで大変興味深く、愛情を真摯に示すその姿は美しかった、と思った最後に、またしても新たなトレバク疑惑を見てしまい(疑惑?もう疑惑ではないのか?よく分からん)こういう時に情報が瞬く間に拡散されていく様はなんというか見苦しいな、とそのことについて考えながら掃除機をかけていると、もやもやがだんだん苛々に転じ、怒り頂点に達した。

何にもやもやしているのかもわからないのだけど、今から美しくない言葉を使うことを許してほしいのです、神様。あ、きっと許されはしないだろうから、いつかこの言葉に自らが打ちのめされるとき、自分の過ちに気づけるだけの余裕をいただきたい。

見ず知らず、生きているのか死んでいるのか実在するのかさえわからない人の、ほんの一時の言葉に右往左往と心乱され、感情を引っ張られるのなんてあぁ嫌だ嫌だ嫌だ。情報を与えられれば人間は考えない。事実である、という項目を前に、己の心中に潜らない。真実がどうであるかも考えないくせに、そのくせ自分の感情だけは深く潜ることなくパッと霧散させる。どうしてそんなに節操がないの。そんな作品だと思わなかった感動を返せだとか、あの時の自分の感動したっていう、そういう感情まで汚されてしまって気がして嫌だとか、どの面下げていけしゃあしゃあと傷ついた論を振りかざしているのか。お前の感動はそんなに薄っぺらいのか。その時心動かされた事象は、人からあーだこーだ言われたぐらいで簡単に汚れたり揺らいだり消えたり踏みつけられたりする安っぽい物なのか。自分が泣いたり笑ったりしたことを、他人様が保証しない限り確固たる思いに留めておくことさえもできないのか。赤ん坊か何かか。自分の感情に自分が責任を持たずして、それを他人の判断に任せようだなんてどれだけ傲慢なんだどれだけ程度が低いの。どうしてその時の自分を大切にしないの。どうしてその時の自分を簡単に否定してしまえるの。己の感受性くらいどうして自分で守れないの。事実と感情を混ぜるなよ。そういう事実があった、真実はどうなのか、情報を得たなら情報で考えろよ。感情をそこに混ぜることの、幼さ浅はかさ恥ずかしさに敏感にならずして、どうして過去の自分の感情を否定するの。大体当事者同士以外は外野で外野が感情論をいれたら好きか嫌いかにしかわかれないじゃないか。もっと内側に潜れよ。外ばっかり見て自分の内側に目を向けられないから、目で見てわかることにしか心が動かされない。傷ついたとかがっかりだとか簡単に誰かの時間も自分も否定できる。こんなこと二年も無職で暇持て余して一日中ネットしてるような女に言われてるとか恥を知れよ恥を!!この世に全く新しいものなんてもうあるわけないだろ!!単独でゼロから、新しい何かを生み出すことこそがオリジナルだなんて思ってるその確信をまず疑えよ!!あるわけないだろどれだけの本が合ってどれだけの物語が合ってどれだけの歌があって何よりどれだけの人間が生きて死んだと思ってるんだよ!確固たるオリジナルがあるだなんて思ってること自体もう度し難い夢見がちな幻想だろうが繰り返してるんだよ!!くり返しても新たに感動できるくらい人間は理解の本質に辿りつけないんだよ!!だいたいパクられた本人たち以外外野は黙れ暇人か!!バーカバーカバーカ!!!

 

全然スッキリしませんでした。もう最後意味わかんないし。自分の感受性くらい自分で守れ馬鹿者が、って茨木さんもずっと昔に言ってる。なんなの。みんななんなの。そんなことで傷ついたり悪口言い合ってる暇があるなら花でも庭に植えて来いよ世界が美しくなるわ。ていうかそれ私か。私のことか。花の苗買ってきます。