読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が降っていますよ、なっちゃん

まだまだ修羅場ってる?17日まで修羅場続きなのは長くない?ご飯食べてる?

 

さて、7日には贈ろう、忘れないように、と思った矢先、5日の朝に直してなんだかもういいやという気がして送ってしまいました。もっとちゃんと直した方が良かったのか。なんなのか。ただ、送って、ちゃんと送られてきたよ~、というメールの、番号?が6933だったんだよなっちゃん・・・・。5日にして6933番ということは、10日までにどんな数の応募があるのかと思うと既に気持ちは弱りめで、一次を通るとご丁寧にすべてに結果表?みたいな物をいただけるらしいのだけど、これの見本みたいなものを見てみたところ、文章、ストーリー、キャラクター、とかにAとかB-とか評価を頂けるみたいなのね。もうこのところ、自分の文章を読み過ぎていて、文章レベルなんてまるで分りませんでね、キャラクターは弱いな、というところが分かっているし、これも合わせて気持ちはよわよわです。塩塩する・・・しおしお・・・。

とはいえもう送ってしまったので、この程度の文章ならきっとみんな書けるしこの程度のストーリーなら先も読めるしどうすれば、という気持ちはどうすることもできないまま日々を過ごして行こうと思います。日々をな・・・。

ところで、原稿をしない、となると、何をしていればよいのやら昨日午後からすでに持て余し、今日は図書館に行って、色々とかりてきたのだよ。結局私は、なっちゃんに勧めてもらったにもかかわらず電撃さんの本を一冊も読まず(ごめんやで・・・本当に勧めがいのない女で申し訳ござらん・・・ただどうしても本に呼ばれない・・・)仕舞いだったので、図書館で選考に関わる先生の本を見つけ、題名も知ってるしアニメにもなったし、読んでみようと思って一冊借りてきました。この先生とは、宗教が違うのだな、と思いました。どうしたらいいんだ。言葉を記号として書く人とは信仰する神が違うのでどうしようもない・・・。そんな私ですが、今から、大変に失礼なことを承知で無礼な文章を書くので、なっちゃんが読みたくない場合はここから先は読まずにいてね。

計四冊の本を借りて帰って、一章読んで、次のほんのキリのいいところまでを読んで、と繰り返したのだけど、ライトノベルは、途中で読むことができなくなり、あと、情報系の本も借りてきたのだけど、こちらも読み進めることができなくなり、私はこんなことで本当に書いてていいのか、と煩悶しながら、もう一度残り二冊、これは趣味のままに借りてきた日本語の本と文学者の本だったのだけど、こちらを読んで、溺れずに水の中に居られる感覚がして、本を借りる、という時に、物言わぬ選ばれるだけのもの、として本を見ていた自分に気づいて反省しました。選ばれているのは此方であって、傲慢に選べば毒を食らう。自分に合わない言葉を読むと、毒が回るように頭の中の言葉が濁って、何もわからなくなるな、と改めて思いました。選考の先生の本を読んで毒にあたった気持ちになる、というのはかなり失礼だろうし、このレーベルで大丈夫か、もう行く場所ないんじゃないのか、と思ったのだけど、文章は私の神様だから、ここを曲げることは出来ない、ということが、改めてわかって少し形容しようのない、何とも言えない気持ちになりました。こんなことで、どこか、書く場所あるのかな、という気持ちにもなり、よわよわしおしおしつつ、泳ぎやすい文書を読んでいます。奇跡的に四次くらいまで残らないかな。長い夏になりそうです。

 

 

寝違えたから書けない、でこのブログが放置されているのがまさに私の人生っぽくてなんだか・・何だか・・・。

 

元気に修羅場してますか?私はついさっき終マークつけたので、後はちょこちょこ直したり読み仮名つけたりして、忘れずに送れたらいいなあと思っています。なので、パソコンでのネットを解禁してこれを書いているのでサラッサラ書ける。やっぱりタイピングより早い物なんかない。タブレットでちまちま打つの面倒だったなあ!

この間電話で言っていたヴィルトゥオーゾっていう言葉、あれイタリア語みたいです。なんかね、日本人が英語をカタカナにしてなんとなく使うみたいに、英語圏の人がイタリア語をかっこいいなあと思ってそのまま使っている言葉的なものらしいよ。使ったのがあまりにも遠い記憶でどういう意味合いで使ったのかさえもう覚えていない上に、カタカナが分かりません教会に入信しているのでどうにもカタカナはわからん。しかもバイオリンだけじゃなくて弦楽器とかドラムとかピアノとかの奏者にも使うんだって。私は一体どういう意味合いで使ったんだ当時・・・。マエストロ的な感じで使うみたいだけど結局説明を読んでもよくわかりませんでした。

 

あ、そうそう。話は変わりますが。この間ね、よくよく考えたら、私が真剣に一次創作をしている期間よりも、嫌々ながらも歌を作っていた期間の方がはるかに長いと気付いて台所で一人愕然となりました。毎月一首、三月に五首、これを五年以上繰り返したらさすがにどんなに下手でも少しは知識がつくのだな、と思い知ったというか。十年は詠んだのだよ・・・・・・十年って長くない・・・しかも毎月とか続けたもの他にない・・・小説も書いてはいたけれど・・・。そんな歌ですが、二年程間を空けたら見事に詠めなくなりました。すごく、下手。それは元からなんだけど、すごく、下手・・・。そんなわけで最近、詠むようにしています。結局最後まで出来上がらないけれどね・・・。下の句だけ、とか上の句だけ、とか出来上がるのはよくあることやで・・・。後ね、最近よくやっていた自傷行為は、原稿の合間に応募のページを見て、受賞者のインタヴューとか見て砂を噛むような気持ちになっていました。なんだかよくわからないけど、この人もう本が世に出ているのだな、と思うと羨ましさとか色々な感情でうわあ・・・ってなって、じゃあ読まなければいいじゃん、とか思いながらページがたくさんあるのでなんとなく読んだりしました。応募する人へのアドバイス★とかもあんねん。それ見て、やかましいわ、とか思うねん。念。

あとこの間久しぶりに本屋に行って、ウェブ小説の本になっている率に戦きました。出版社は何をしたいんだ?という不思議な気持ちになったし、いいなぁデビューできて、という真っ当な気持ちにもなったし、いい加減二年も無職していたら来てるな、精神的に、と思いました。じゃあやめるか、書くの、とはならないので家族には感謝よ。よ。あ、でも普通にもういい加減なるわ、作家、というふてぶてしい気持ちは相変わらずあるから安心してね★

そんなこんなで最近歌に興味があります。以上です。

あ。ラーメン図?まちがった。ラーメンズ。ってなんでラーメンズっていうの?

 

首を寝違えたから今日はなんにもできなーい。はい、かいさーん。

 

ねぇなっちゃん

ポン酢のポンとポンカンのポンとポンジュースのポンは、全部違うポンだって知ってた?

 

ねぇ、知ってた・・・?

いま気付いたのだけど、コンディショナー使った日の夜、匂いが気になりすぎて小説が書けない。

 

シマちゃんまで「うわ、なにこの匂いくさーい。」みたいな感じでわざわざ頭確かめにくるわ・・・。

 

ギブミー無・香・料

 

あ、いっくんとてっちゃん見たよ~。イケメーン・・・(・w・

 

ぬあーーーーーーー!!!

髪が!!くさい!!

GIVE ME 無香料ーーーーーー!!!!

 

昨日、姪の誕生日が近いというわけで、私も有無を言わせず連行されて明石まで参りました。車中暇なので、久方振りにずっと音楽を聞いていましたら、意気高揚し過ぎて魂を吐き出しそう、てこの表現で何が伝わるんだろうか。始めはしんみり聞いていたのだけど、mp3に入っている物を機械任せに聴いていたので、何がかかるかはこちらにもわからず、vampsでソワッとしたのも束の間、ラルクで振り切れてしまいました。BUTTERFLYっていうアルバムの、xxxっていうのが前前からずっと好きなのだけど、久しぶりにイヤホンで聴くとこれまあ。アカーン!!てなりました。改めてhydeさんの声が好きなんだなあ、と実感したのと、このアルバムにあるGOOD LUCK MY WAYという曲が凄く明るいので、昔は信じるほど心が離れていくとか歌ってたバンドが、20年も経って君に会えて嬉しいとか歌うのすごいな、と感銘を受けすぎて、もう、もう、音楽って凄いな!?(語彙力)要約すると、たまらん、て思いながら海を見ていた(きれいな感じでしめた)。興味があったら聴いてみてください。xxxすごくエッチな歌だよ。