読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を借りて読むのはいいけれど、大衆説と純文学との差がますます分からなくなるこの頃です。児童文学との差はさすがに理解した。私が使う語彙的には児童文学は無理そうだとわかったのだけれど、エンタメ系と純文学の違いがまるでわからない。推理物はエンタメなのはわかるけれど。あと、不倫モノが多すぎてさすがにぐったりです。東野圭吾さんには外れがない、と友達に言われたので、借りてみたら一文目がさっそく「不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた」だった時は膝から崩れ落ちました。私も借りる時に一ページ目くらい開いて判断してみたらどうかな、と後悔しました。あぁ。

それで、大衆文学と純文学の違いが分からないよ~(ラノベとの違いは判る。おまけにこの判断だと、ラノベっていうのはとても難しいジャンルだと思っている)となった私が借りてきたのは、どういうわけか、今でしょ、で有名な林先生の「寿司、うなぎ、天ぷら」という本でした。どこに向かうの。

 

なっちゃんの目はどうですか。

土曜の夜になっても郵便受けを見ていないあなたは今すぐ郵便受けにGO