読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はねー私の友達の誕生日なんだよ~。いつも話してる不思議な夫婦のお嫁さんの方ね。

 

なっちゃんは無事に京都までたどり着いたようで、無事に帰った記述がないんだけど帰ってるよね???お疲れ様でした。ありがとう。

今日は曇りだから、太陽がある日ほどは暑くないんだよ。それだけですごいな~って少し喜べるから、夏ってすごいな・・・としみじみ思ったよ。涼しい・・・すごい・・・って思考が単純すぎる気もしなくもないがな・・・・・・。土曜日に掃除機をかけながらね、どうしてかナウシカのことを考えていて、ラピュタナウシカもストーリー展開からキャラクターから、昔の問題から個人の問題まで、あの中によくもあれだけ順序良く盛り込めるな、って感心しながら、しかも萌えキャラまでいるとはどういうことなんだ、って掃除機をかけていたんだけど、途中で、オウムが紅い目になった所と、ナウシカがユパ様に向かって「私自分が怖い・・・」っていってたシーンが重なってしまい、あぁああオウムってナウシカじゃんオウムが暴走しまくった後に後悔するのをナウシカは知ってるんだよだから身をもって止めれるんだよ姫姉さまぁああああああ!!っていう何に盛り上がったのか自分でもよく分からない具合に泣きながら掃除機をかけていて汗だくになったよ。そんな毎日です。

そんな私の原稿は今日で230枚目を迎えるのだけど、これは前と違って、起承転結とかには分けないで、ストーリー構成もしない前からの私の書き方でなんとなく書いているので、先のことは私にもわからないのね。先週真ん中くらいに、このまま行くとこのシーンが書ける、と思いついたシーンが酷過ぎたので、それからスピードが出なくて、どうしようもなくなってまとめて夜に五枚書く、みたいな生活が続きました。そんな時に限って、日曜書けなかった五枚を一日一枚増やして補てんする、ていう生活だったので、一日六枚ノルマになっていて、まぁでも六枚とかなら何とか終わるみたいよ。希望のある終わり方にできるのか非常に不安です。あと、起承転結的な感じではないから、これは読んで面白いのか、という点も非常に不安です。でも駄目でもなんとかなるしーという大変気楽な具合です。なぜこんなになんとかなる精神なのか、自分にもわからなくて逆にそこが不安やで・・・。

 

外では皆ポケモンをやっているんだって。なっちゃんの体力づくりにどうかなって思ったけれど、まずは時間を作るところから始めなくてはな・・・。