読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝違えたから書けない、でこのブログが放置されているのがまさに私の人生っぽくてなんだか・・何だか・・・。

 

元気に修羅場してますか?私はついさっき終マークつけたので、後はちょこちょこ直したり読み仮名つけたりして、忘れずに送れたらいいなあと思っています。なので、パソコンでのネットを解禁してこれを書いているのでサラッサラ書ける。やっぱりタイピングより早い物なんかない。タブレットでちまちま打つの面倒だったなあ!

この間電話で言っていたヴィルトゥオーゾっていう言葉、あれイタリア語みたいです。なんかね、日本人が英語をカタカナにしてなんとなく使うみたいに、英語圏の人がイタリア語をかっこいいなあと思ってそのまま使っている言葉的なものらしいよ。使ったのがあまりにも遠い記憶でどういう意味合いで使ったのかさえもう覚えていない上に、カタカナが分かりません教会に入信しているのでどうにもカタカナはわからん。しかもバイオリンだけじゃなくて弦楽器とかドラムとかピアノとかの奏者にも使うんだって。私は一体どういう意味合いで使ったんだ当時・・・。マエストロ的な感じで使うみたいだけど結局説明を読んでもよくわかりませんでした。

 

あ、そうそう。話は変わりますが。この間ね、よくよく考えたら、私が真剣に一次創作をしている期間よりも、嫌々ながらも歌を作っていた期間の方がはるかに長いと気付いて台所で一人愕然となりました。毎月一首、三月に五首、これを五年以上繰り返したらさすがにどんなに下手でも少しは知識がつくのだな、と思い知ったというか。十年は詠んだのだよ・・・・・・十年って長くない・・・しかも毎月とか続けたもの他にない・・・小説も書いてはいたけれど・・・。そんな歌ですが、二年程間を空けたら見事に詠めなくなりました。すごく、下手。それは元からなんだけど、すごく、下手・・・。そんなわけで最近、詠むようにしています。結局最後まで出来上がらないけれどね・・・。下の句だけ、とか上の句だけ、とか出来上がるのはよくあることやで・・・。後ね、最近よくやっていた自傷行為は、原稿の合間に応募のページを見て、受賞者のインタヴューとか見て砂を噛むような気持ちになっていました。なんだかよくわからないけど、この人もう本が世に出ているのだな、と思うと羨ましさとか色々な感情でうわあ・・・ってなって、じゃあ読まなければいいじゃん、とか思いながらページがたくさんあるのでなんとなく読んだりしました。応募する人へのアドバイス★とかもあんねん。それ見て、やかましいわ、とか思うねん。念。

あとこの間久しぶりに本屋に行って、ウェブ小説の本になっている率に戦きました。出版社は何をしたいんだ?という不思議な気持ちになったし、いいなぁデビューできて、という真っ当な気持ちにもなったし、いい加減二年も無職していたら来てるな、精神的に、と思いました。じゃあやめるか、書くの、とはならないので家族には感謝よ。よ。あ、でも普通にもういい加減なるわ、作家、というふてぶてしい気持ちは相変わらずあるから安心してね★

そんなこんなで最近歌に興味があります。以上です。

あ。ラーメン図?まちがった。ラーメンズ。ってなんでラーメンズっていうの?