読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかがお過ごしですかなっちゃ~ん。いつから始めたのか忘れたのだけど、階段の上り下りをつま先だけで行っています。家を出ない私が考えたせめてもの筋トレ法。どんどん・・・どんどん衰えていく・・・。

 

模様替えをして良かったことに、ラジオが聞けるようになりました。前は雑音だらけでほとんど聞き取れなくて、聞こうと何度か試みては諦めていました。昔から、ラジオを聞くのが好きだったんだよ。本を読んでいる時は聞けないから、ずっと聞いているわけではないのだけど、座っているだけで情報が入ってくる、というのはすごいことだな、と思いました。ラジオでね、高知の植物園について話をしていて、行ってみたい、と思ったのだけど、香川から高地に行くのは遠いのだよ。これがまさに田舎ということなのだな、と思うのだけど、線路が悪路で速く走れないし、ものすごく酔うし最悪です。私が一人で電車を使って行こうと思えば、二時間半はかかるみたいで、大阪に出た方が早いわ、と奇妙な気持ちになりました。海を越えた方が早いなんて・・・山を越えていく方が大変なんだね。香川には植物園がないのだよ。なんでだ、と考えたのだけど、植物が溢れているから、あえて作ろうとしなかったのか??と思いました。植物見たけりゃ山に行って来い、ということなのだろうか・・・。好きなんだけどね、植物園・・・。

 

なっちゃんは締切明けの毎日を、いかがお過ごしですかな。ちゃんとご飯は食べましたか?私は本など読み終えまして、また平家物語の訳文を始めたりしました。いや~ほとんど覚えてないね、前の内容。平家物語ってね、途中で全く関係ない、中国の話とか、昔の話とかが混ざるのね。まるっきり笑わないお姫様を笑わせる為に絹を裂きまくったとか(絹が裂ける音を聞くと笑ったから)、三年虜囚の身で耐えて生きているんだ、という自分の境遇を書いた手紙を投げたら雁が受け取って届けたとか、んなことあるかい、っていう中国の昔の話がぶちぶち入って、しかも、戦の途中とかでそんな話しが入るもので、この人達何やってたんだっけ、とページを遡らなければわからなくなるのね。これ、昔は琵琶法師の語りだけでみんな内容を知ったはずなんだけど、よくもまあ話について行けたな、と感心します。あれ、私何の話してたっけ。まぁそんな毎日です。飽きると本を読んだり小説を書いたりしてます。あと、読みたい本がたくさんあるので、遠くの図書館(香川県民だと使える図書館)にリクエストを入れているのだけど、既に誰かが借りているようでいくら待っても近くの図書館に届いたよ~という連絡が来ません。その間に、他の読みたい本ができてしまい、新しくリクエスト入れてしまおうかな、と悩んでしまうよ。後、相変わらず歌が良い具合に詠めなくて四苦八苦しております、よ。困るわ~。別に発表する場はないから差し迫っては困らないんだけど、すっきりしないから困るわ~。すぱん、と出来上がりたい。前になっちゃんに詠んだ歌は割合スパーンとできてストレスがなかったのだよ。あぁいう具合に作りたい。すぱーん。

 

あ、違うんだ。何を思ってこれを書こうと思ったのかというとだね、なっちゃん。宇宙には、匂いがあるんだって。空気がないんだから匂いなんかないだろう、って感じなのだけど、わずかに粒子があるから、そこに化学物質がくっついて匂いがするそうだよ。それもね、ラズベリーとかパイナップルとかに似た、甘酸っぱいにおいと鉄を焦がした匂いがするそうです。テレビでそんなことを知りました。匂いかあ。火星に人が住み始めるのは九年後何だって。それでね、人が住み始めるんだけど、地球に帰ってくる方法はないんだって。意味が分からないよね。でも、火星に住みたい人たちがいるんだって。地球、そんなに悪い星じゃないと思うんだけど、地球に帰ってこられなくてもいいから火星で住みたい人達って、なかなか固い決心だなあ、とテレビを見ながら思いました。食料とか、水とか、地球側に問題があって送れなくなったら一大事じゃないか。世の中には色々な人がいるね、なっちゃん

 

そんなこんなな毎日を過ごしているよ。